高畠リサイクルセンター【建設発生材 再利用制度のご紹介】
全体写真
消費から再利用へ

地球的規模で環境保全が急務とされているいま、近年の産業廃棄物のおびただしい増加による処分場不足と、不法投棄などが大きな社会問題となっています。
消費型社会からリサイクル型社会への移行が望まれる現在、私達みどり環境建設株式会社は廃棄物再利用に積極的に取り組み、環境保全に尽力しています。
 
建築廃材リサイクルマシン「ガラパゴス」
木材チップ化リサイクルマシン
 
建設廃材リサイクルマシン「ガラパゴス」
建設副産物処理革命!現場で出来るガラ再利用
ガラパゴス作業風景 みどり環境建設株式会社では、建設廃材リサイクルマシン「ガラパゴス」を導入しています。ビルや道路の建設に伴う副産物(コンクリート廃材、アスファルト廃材)をその場で破砕処理し、盛土や路盤材などに再利用することを可能としました。自走走行が可能な「ガラパゴス」はどんな場所でも直接現場に入ることが出来ます。
このマシンによって、 砕石や山砂の新材を節約できるため、コスト削減を実現するとともに地球資源の保護にも役立ちます。また再利用できない場合でも、廃材を細かく砕くことで容量 が減り、処分場へ運搬する輸送コストが大幅に削減できます。
解体工程
  • コンクリートガラ、アスファルトガラを路盤材、埋め戻し材として有効利用
  • 家屋解体ガラを敷地内の盛土用土として有効利用
  • 埋立処分場が不要となるため環境保全に貢献
  • 処理ルートが簡略・明確
  • 減容化により処分費用が大幅に削減
    また搬出車両が節約でき、輸送コストを削減すると同時に大気汚染、交通渋滞も緩和
 
木材チップ化リサイクルマシン

建設発生木材をチップ化し再資源化
建設工事・住宅解体・立木伐採等で発生する廃材をチップ化し再利用します。チップは用途別に「原材料チップ」「燃料チップ」の2種類に分けられます。

「原料チップ」は住宅建材や建具等で使用されるバーティクルボードの原材料として再利用され再び住宅の一部として活かされます。

「燃料チップ」は、工場等で使用される電力を発電させるためのボイラー燃料として再利用されます。地球温暖化の原因となるCO2の削減にも貢献しています。

バーティクルボード製品画像
バーティクルボード(リサイクルされた製品)
リサイクルシステム